アリシアクリニックはタトゥー(刺青)や日焼けが苦手?

アリシアクリニックなどが実施している医療レーザー脱毛の仕組みは、刺青(タトゥー)日焼けした肌の脱毛が苦手です。

エステや脱毛サロンで行われている光脱毛も同様に苦手としています。

 

1,黒色のメラニンに反応する脱毛マシン

脱毛マシンから照射されるレーザーなどの光は、皮膚表面の肌色には反応しません。皮膚の下数ミリの部分にある毛根部分にのみ反応します。

詳細に説明すると、毛根部分で毛の成長を促す毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、毛は成長するのですが、この毛母細胞が細胞分裂を行った際に、黒色のメラニンを分泌します。

黒色のメラニンは、脱毛マシンから照射されたレーザーや光を吸収しやすいという性質を持ち、熱を持った毛母細胞を破壊し、毛が生えてこなくする方法で永久脱毛を成立させています。

 

2,太陽の紫外線でメラニン色素が反応

太陽の日差しを受けて、日焼けして小麦色の肌になるわけですが、これは、紫外線が皮膚のメラニン色素に反応して、肌色が黒い色に近づいていく事で日焼けが成立します。

しかし、脱毛マシンの仕組みは上述で説明したように、黒色のメラニンに反応する仕組みです。まだ、症例は無いのですが、皮膚の色に反応しないとも限りませんので、一旦脱毛の施術は休止という扱いになります。

 

3,日焼けすると、いつから脱毛再開できるの?

皮膚の色が見た目で落ち着いてきたら、すぐに脱毛を再開できるかというと、そうも行きません。皮膚の下では、メラニンの黒色が拡がっています。大体、日焼けした日から起算して、1か月程度は広がっているといわれます。

日焼けした日をメモしておき、大体1か月程度経過してからアリシアクリニックのカウンセリングを受けて、問題なければ、再開という流れになります。

 

4,刺青(タトゥー)が入っている部位は脱毛できない

これは、実際に刺青の色に反応して火傷になったという症例があるわけではないのですが、万が一の事があるので、アリシアクリニックでは、刺青のある部分の脱毛の施術をお断りしています。もちろん、刺青の無い部分は、通常通り脱毛ができます。