トラブルに遭わないための注意事項

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛は非常に安全性の高いマシンで脱毛をしています。その部分でも人気の高いクリニックであるといえます。
そんな安全性の高い脱毛が行えるアリシアクリニックですが、すべての方がトラブルなく終われるわけではありません。どうしてもトラブルに遭ってしまう方がいらっしゃいます。
トラブルというのは脱毛をした側の問題だけでない可能性もあります。脱毛を受けた側がしっかりとアフターケアをしていなかったり、脱毛後の注意事項を守っていなかったりすることで起きてしまうトラブルのあるのです。
脱毛後のトラブルに遭わないためにはどうしたらいいのかをまとめていきたいと思います。

1.どのようなトラブルに遭ってしまうことがあるのか
トラブルに遭わないようにするためにはまずどのようなトラブルがあるのかを知っておくことから始まります。

■やけどのトラブル
ヤケドのトラブルといえば脱毛にどうしてもついて回ってしまうイメージがありますが、実際も確かに最も多くのトラブルであるとも言えます。
ヤケドの施術中のものだと思っている方も多いかと思いますが、実は施術後に悪化してしまうケースもあるのです。
ところでなぜ火傷のトラブルが脱毛の際に起きてしまうのかはご存知でしたでしょうか?脱毛の施術というのは脱毛風景を見る限りお肌の表面に脱毛機の光を当てるだけの施術です。そのため、その光に脱毛効果があると思われている方も多いようです。
ですが、その光に脱毛効果はありません。では、なぜ脱毛が出来ているのかというのと、それは光を吸収してそこに高熱を発生させる施術であり、その熱が毛根や毛母細胞にダメージを与える施術なのです。その熱でどうしても毛穴の中に軽いやけどが出来てしまうのです。
そのやけどが後でひどくなってしまうことがあるのです。脱毛の施術というのは病院を出た後も注意事項を守りつつアフターケアを自分で行う必要があります。このアフターケアをおろそかにしてしまうとやけどがひどくなってしまう可能性があります。
アフターケアは何を行うかというと、主なものは保湿ケアです。保湿ケアをすることでヤケドの対処にもなるのです。

■毛嚢炎
毛嚢炎という言葉を知っている方はあまり多くないかもしれません。これはどのようなものかというと、毛穴の中で炎症が起こり、その結果化膿してしまうというものです。
毛嚢炎はやけどの延長上にあるものであると思ってもらってよいと思います。先ほども書いたように脱毛直後には毛穴の中は軽いやけどが起きている状態であり、非常にデリケートになってしまっています。
その状態で毛穴の中に細菌が入ってしまうと、そこで細菌感染が起こり、毛嚢炎になってしまうことがあるのです。毛嚢炎にならないよう、お肌の表面は清潔に保っておく必要があります。

2.注意事項はどのようなものがあるのか
脱毛の施術後は注意事項を守っておかなければ大きなトラブルに遭ってしまうことがあります。そこで、脱毛直後に守るべき注意事項の一例をあげてみたいと思います。

■運動をしないこと
脱毛をした直後に運動をするとトラブルに遭ってしまうことがあります。運動がなぜよくないのかというと二つの理由が上げられます。
まず一つは汗をかいてしまうということです。汗というものは、脱毛をする上で大きな障害になっていまいます。汗はお肌の表面の細菌を吸着してしまい、その細菌をたくさん含んだ汗が体の表面を流れるのです。
その際に脱毛した直後のデリケートなお肌に触れてしまえば、そこで感染が起きてしまってもおかしくないのです。しかも、もう一つの理由として汗をかくと毛穴が開きます。これは逆に言えば外からも汗が入りやすい状態であるといえます。
そのため、先ほどもお話した毛嚢炎にもつながってしまうのです。

■入浴方法にも注意
脱毛直後は入浴方法に制限があります。脱毛した日の入浴は軽いシャワー程度にする上、お肌をゴシゴシとこするようなことは禁止です。
これも脱毛後のお肌がデリケートである為です。また、脱毛当日の入浴に当たってもっとも注意しなければならないのが湯船に入らないことです。
湯船に入れば汗をかきやすくなってしまいますし、どれだけきれいにしていたとしても湯船の水には細菌がたくさんいます。それも細菌感染につながってしまいます。
そのため、湯船に入ることは禁止なのです。