施術できないケースにはどのようなものがあるの?

アリシアクリニックの医療レーザーは非常にお肌にやさしい施術が可能です。その秘密は使用するマシンにあります。
アリシアクリニックが採用するマシンは「ライトシェアデュエット」というお肌にやさしい光を使用して施術が出来るマシンなのです。このマシンが照射する光はダイオードレーザーという光で、お肌のへのストレスが最も少ないといわれる光です。
しかも、この光には永久脱毛の効果があるので、一度施術をしてしまえば長期間にわたってきれいなお肌でいられるのです。痛いと感じず永久脱毛が出来るのは非常にお得だと思いませんか?
とは言ってもすべての方がアリシアクリニックで施術を受けられるかというとそうでもありません。どうしても施術を受けることが出来ないこともあるのです。どのようなケースがあるのかをまとめてみたいと思います。

1.アレルギーがある方の一部
アレルギーがある方の中でも一部の方は脱毛を受けることが出来ないことがあります。それはどのようなケースかというとまずアレルギー症状がどこに出ているのかという点に問題があります。
アレルギーというのは色々な症状として現れてきます。くしゃみや鼻水などもその症状の一部ですし、咳などに出てしまうケースもあります。中でも脱毛が出来ないのはお肌に症状が出てしまっている方です。
湿疹や蕁麻疹などになってしまっているとその部分には施術が行えませんし、アトピー性皮膚炎などの方も場合によっては施術が出来ないことがあります。ただし、このようなケースの場合「程度」によっては脱毛が出来ることもありますので、カウンセリングに行ってみて、確認するのがよいでしょう。
また、アレルギーの中でもその原因によって脱毛が出来ないものがあります。それは、光アレルギーの方です。光アレルギーの方はフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛など光を使用した脱毛の施術は受けることが出来ないのです。
光アレルギーの原因という意味では特定の光に反応するという方が多いのですが、万が一、それ以外の光にも反応してしまう可能性も否定ができません。そのため、光アレルギーの方は脱毛の施術が受けられないのです。

2.糖尿病の方
糖尿病の方が脱毛の施術が受けられないというお話は聞いたことありますでしょうか?実はこの嘘のような話は本当なのです。
糖尿病というのは内臓の病気ですので、どうしても脱毛のようなお肌の表面の施術に関係するというのはあまり信じられないかもしれません。ですが、非常に大きな影響があるのです。
その原因は脱毛の際のダメージあります。脱毛の施術というのはお肌に大きなダメージを与えてしまう施術です。なぜそのようなダメージがあるのかというと、それは脱毛の仕組みが熱によるものであるためです。
脱毛の施術はパッと見で光によって脱毛がされているように見えてしまうかもしれませんが、脱毛の施術というのは毛穴の中に高熱を発生させて毛を熱処理させる施術なのです。そのため、脱毛の施術の際には毛穴の中に軽いやけどが出来てしまうのです。
このやけどは非常に軽いものではあるのですが、糖尿病の方には大きな問題になってしまうことがあります。なぜなら、糖尿病の症状に「傷が治りづらくなる」というものがあります。
そのため、軽いやけども大きな問題になってしまうのです。

3.てんかんの症状がある方
てんかんの症状がある方も脱毛の施術を受けることができません。てんかんというのは脳神経の病気である特定の刺激を感じた時に様々な症状が出てしまうものです。
特定の刺激がその方ごとにあるというのは脳のどの部分で受ける刺激化によって変わってくるということです。その部分に関しては個人個人で違ってきてしまいます。
ただし、てんかんの症状がある方というのは強い刺激を受けることは非常に危険であるといえます。脱毛の施術に関していても瞬間的にお肌の表面に大きな刺激が発生します。その刺激が引き金になっててんかんの発作が出てしまうことも想定されます。
そのため、脱毛の施術を行うことが出来ないのです。

4.妊娠中の方も脱毛出来ません
妊娠中の方も脱毛をすることができません。ですが、これはあくまでもホルモンバランスの問題によるところが原因です。
妊娠中はホルモンバランスが崩れ、体毛が濃くなってしまったりします。そのため、脱毛時にその状態だと、逆に毛が濃くなってしまったりするなどのトラブルが想定されます。
そのため、脱毛ができません。
また、赤ちゃんへの影響も気になると思いますが、脱毛機の光は赤ちゃんに届くほど深くまで浸透することはありませんので、ご安心ください。