うなじの脱毛が痛いのはなぜ?

アリシアクリニックでは非常に高品質な施術が行われており、当然痛みも小さい施術が可能ですが、痛みが全くない施術というのはあり得ません。
しかも、パーツごとに痛みの大きさも変わってきてしまいます。そのため、どうしても痛みが出やすいパーツというのは出てきてしまいます。
そのような痛みが強いパーツだからこそ、他のパーツよりも十分な注意が必要であるといえるでしょう。今回は痛みの強いパーツのなかでも、「うなじ」の脱毛についてまとめてみたいと思います。

1.脱毛時に痛みを感じやすいのはなぜ?
脱毛時の痛みの原因のほとんどは熱による痛みです。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の施術というのは施術風景だけ見ていると非常にシンプルであるため、痛みを感じるなんてないと思ってしまうかもしれません。
医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛というのは脱毛時には脱毛機の光を照射するだけの非常にシンプルなものです。ですが、そのシンプルな施術からは想像もできない痛みが発生することがあるのです。
その施術風景から一見、脱毛機の光に脱毛効果があるように見えますが、実はその光に脱毛効果のある成分などは含まれていないのです。では、なぜ脱毛ができるのかというとその秘密は熱にあります。
実は医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛というのは毛を熱処理するという施術だったのです。そのため、毛穴の中で高熱が発生してしまいます。その熱が痛みになってしまうのです。
熱による痛みを抑えるために、お肌を冷やすなどの工夫をしています。もちろんアリシアクリニックでもこのような工夫はしています。ですが、場所によって痛みが出てしまうことがあるのです。
その理由は痛みの信号を受け取る神経の位置にあります。神経が痛みの発生した場所から近いところにあればあるほど同じ大きさの痛みでも大きく感じてしまうのです。
うなじというのはまさにこのような場所なのです。というのも、うなじはお肌がデリケートなお顔のお肌の延長にある部分です。そのため、痛みが強いパーツなのです。

2.日焼け対策をし忘れないように注意しましょう
脱毛時にはいくつかの注意事項があります。その中でも注意しなければならないのが、日焼けなのです。日焼けというのは脱毛においてとても大きな問題になってしまうものなのです。
このお話はインターネット上の口コミでもよく見かける話題ですし、脱毛前に受ける無料カウンセリングでも必ず聞くお話だと思いますのでご存知の方も多いかもしれません。
ですが、日焼けが非常に重大なトラブルを招いてしまい、施術を中止しなければならないほどのものなのです。うなじというのは夏の時期にはしっかりと日焼け対策をしている方が多いと思いますが、秋になるとどうしても油断してしまうパーツでもあります。
例えば、髪型の問題もありますが、紙が長い方は夏にうなじが蒸れないような髪型にしていると思いますが、秋になると髪を下してしまう方も多いのではないかと思います。
ですが、寒暖の差がある季節では日中帯に暖かくなってうなじを出す髪型にしてしまい、日焼け対策をせず外出してしまうなんてこともあるかもしれません。

3.事前処理がしづらいパーツ
脱毛の施術というのはムダ毛の事前処理が必要なのです。脱毛の施術前にはお肌の表面に見えている毛をすべて処理してから施術に臨まなければならないのです。そのため、脱毛前には自分でカミソリなどを使用して同じの処理をしなければならないのです。
うなじの自己処理を考えてみてください。チェックするだけでも面倒ではありませんか?その状態でカミソリなどを使うと考えるととても面倒ですよね?
そんなことをずっと続けていくのはもっと厄介ですよね。そこで、脱毛をしてしまった方がよいのです。
また、残す形にも注意が必要です。うなじの毛は頭髪とつながっていますので、全て脱毛をするわけにはいきません。どこまで脱毛をするのかしっかりと考えておかなければならないのです。

この記事に関連するコラム

うなじ脱毛の体験談!効果や料金について

 うなじ脱毛を行う時にアリシアクリニックのセットに申し込むと、通常コースより安く脱毛が受けられます。医療機関なので得られる効果は保証されており、予約のキャンセルや店舗移動も無料で行えます。さらにペア割...続きを読む

単発の脱毛で満足できるパーツは?

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛は非常に強力な脱毛ですが、その施術でも1回だけの脱毛できれいに脱毛完了出来るわけではありません。 ですが、脱毛を完了しなくてもその状況に満足できるパーツも存在してい...続きを読む