Vラインの黒ずみに悩んでいる方は脱毛時に注意

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛はお肌にやさしく痛みが少ないことで人気ですが、脱毛が出来ないケースもあるのはご存知でしょうか?
脱毛が出来ないケースというのは意外に多く、脱毛をはじめてからその状況になっても脱毛を休止しなければならない状態になってしまうこともあるのです。
そんな脱毛が出来ないとされるケースをいくつかピックアップしてみたいと思います。

1.日焼けしていると脱毛ができません
脱毛の施術を契約する前には必ず無料カウンセリングを行うと思いますが、このカウンセリング内で必ずと言っていいほどいわれるのが日焼けです。
脱毛をする際に日焼けというのは絶対にしてはいけないものなのです。日焼けというと夏を思い出す方もいらっしゃるかもしれませんが、冬にも十分な注意をしなければなりません。
例えばわかりやすい例を挙げるのであればスキーやスノボなどのウィンタースポーツです。ウィンタースポーツの際にも日焼けをしてしまいますよね?
秋もまだまだ紫外線が多く、油断できない季節です。しかも、秋は昼間だけ暑くなったりもしますよね?そんなときに日焼け対策をせずに薄着になってしまうなんて話もよく聞きます。
こういった様々なケースが考えられるのです。
では、なぜ日焼けがそこまで問題視されるのかというと、大きなやけどのトラブルにつながってしまうからです。脱毛の施術というのはお肌に強い光を当てていく施術ですが、その光に脱毛効果があるわけではありません。
脱毛機の照射した光は色の濃い部分や黒い部分などに吸収されます。そうするとその吸収された部分に高熱が発生するのです。
その高熱が毛を熱処理していきます。ここで問題になるのが光の吸収される場所です。その場所というのが毛だけに限定できず、お肌の色が濃い部分、つまり日焼けした褐色のお肌でも吸収されてしまうのです。
その結果、やけどが出来てしまう可能性が非常に高いのです。
そのため、脱毛機の光を当てることが出来ないのです。

2.ホクロの上も脱毛出来ない
先ほどお話ししたようにほくろも黒い色が特徴です。そのため、当然脱毛をすることができません。もし、脱毛をしてしまうと日焼けよりも面積が狭いため光が集まりやすく、やけどしやすいと想像できます。
そのため、ほくろ周辺は脱毛が出来ません。ですが、最近はほくろを白いシールでかくすことで脱毛を進めることができるところが増えました。ですが、この方法も一長一短で、デメリットも存在します。
そのデメリットとは、シールに隠れた部分は脱毛機の光が当たらないため、脱毛が出来ないという点です。ほくろが多い部分ではどうしても残る毛も多くなってしまい、返ってムダ毛が目脱毛になってしまうなんてこともあり得ます。
しっかりと確認してから脱毛の契約を結ぶようにしましょう。

3.Vラインの来る炭も注意しなければなりません。
Vラインの黒ずみに悩んでいる女性もいらっしゃると思いますが、それが脱毛に影響する可能性があるというのはご存知でしたでしょうか?
まず、脱毛の仕組みをもう少し詳しくお話しすると、脱毛機の光が影響を与えたいのは毛の色です。毛の色というのは黒色メラニンによってつけられています。そのため、脱毛機というのはメラニンに効果が高く出る光を選んで使用しているのです。
お肌の黒ずみというのも実はメラニンによるものなのです。そもそもメラニン色素はお肌を守るために分泌されるものなのです。そういった意味では日焼けと同じです。
日焼けは紫外線からお肌を守る為、黒ずみは衣服などとの摩擦から守るために出来てしまうものです。このお肌の黒ずみは摩擦の刺激が強いとお肌の奥の方で分泌されるようになってしまいます。その部分に脱毛機の光を当ててしまうとお肌の奥で熱が発生して非常に大変なことになってしまうことも考えられます。
これはVラインだけでなく、両わきの黒ずみなども同じものです。十分注意しましょう。

この記事に関連するコラム

脱毛するとデメリットがあるのか

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛は非常に高価が強く、その効果は永久脱毛です。とはいっても永久脱毛というのは一生生えない脱毛方式ではありません。 ですが、非常に長期間にわたって脱毛効果が持続します。...続きを読む

脱毛をはじめるなら全身脱毛

アリシアクリニックは他のクリニックに比べても非常に料金が安い医療レーザー脱毛を提供しています。 医療レーザー脱毛は高いというイメージを持った方が多い中でこれだけ安い料金を実現しているというのはとてもす...続きを読む