なぜハイジニーナ脱毛が人気なのか

アリシアクリニックでは全身すべての脱毛が出来ますが、その中も人気のパーツというのはあります。以前から人気の高いパーツでVIOラインの脱毛があります。
最近このVIO脱毛をハイジニーナ脱毛という名称で呼んでいるところがありますが、なぜこのような名前でいわれるようになったのでしょうか?
更にVIO脱毛とは何か違うところがあるのでしょうか?
そんなハイジニーナ脱毛についてまとめてみたいと思います。

1.ハイジニーナ脱毛とは?
ハイジニーナという言葉自体が耳慣れない言葉であるという方も多いのではないでしょうか?そこでまず、ハイジニーナという言葉の語源からお話しします。
ハイジニーナと言う言葉は「清潔」を表す「ハイジーン」という言葉が語源だといわれています。つまり、VIO脱毛をするということは清潔にするためであるという施術でもあるということです。

2.ハイジニーナとVIO脱毛
ハイジニーナ脱毛とVIO脱毛には何か違いがあるのでしょうか?同じように使われているので、同じもだと思っている方も多いのではないでしょうか?
実はこの二つ本来的な意味合いで考えると少し違うものなのです。VIO脱毛というのはVIOラインの脱毛を総合的にあらわした言葉ですが、ハイジニーナ脱毛はそうではありません。
ハイジニーナ脱毛というのはVIOの毛をすべてツルツルに脱毛してしまうことをさす言葉なのです。そのため、見た目上も非常に清潔に見えるのです。
ですが、これはあくまでも本来的なお話で日本国内ではVIO脱毛と同じ意味合いで用いられることが多いのです。これはもう少し細かいお話をするならハイジニーナ脱毛ではなく、デザインハイジニーナというものです。
デザインハイジニーナと言うのは残す毛の量や形をデザインするものです。つまり、すべてを脱毛しなくてもよいハイジニーナなのです。日本国内でハイジニーナと言うとほとんどの場合がこのデザインハイジニーナなのです。
そのため、VIO脱毛と同じ意味合いとして取り扱ってしまっても問題がないレベルのお話なのです。

3.ハイジニーナはなぜ清潔という語源を持っているのか
ハイジニーナの語源はハイジーンという言葉であるとお話をしました。では、なぜ脱毛の施術であるのにそのような言葉が語源となっているのでしょうか?
いくつか理由がありますが、まずVIOの毛というのはパーツの位置的な問題で排泄物が付きやすい部分です。脱毛をしてもお肌に排泄物が付きやすいという状態になってしまい、気持ち悪いのですが、これは考えようによってはメリットなのです。
というのもVIOの毛はごわごわしているため、排泄物が一度ついてしまうとなかなか取れないのです。それに比べてお肌であれば簡単に汚れは取れます。そのため、清潔にすることができるのです。
まだあります。VIOというのは蒸れやすいところです。その蒸れが原因となって、雑菌が繁殖してしまうというデメリットがあります。なぜVIOが蒸れるかというとその原因の一旦は毛にあります。太い毛が下着とお肌の間に適度な空間を作り、その空間にお肌から出てくる湿気と温度を留めてしまうのです。
その結果、雑菌が繁殖しやすい環境が出来てしまうのです。脱毛をしてしまえば、その空間がなくなり温度も発散されるので蒸れが解消されるのです。

4.どんな注文が多いの?
ハイジニーナ脱毛をするときはIラインとOラインに関しては全てキレイに脱毛をしてしまう方が多いようです。Vラインに関しては毛量の調整と形を決めて脱毛をする方が多いようですね。
また、Vラインの形は様々ですが、逆三角形の形で自然に生えている面積を減らして行くという方が多いようです。
脱毛というのは強力な効果がありますので、後悔しないように必ずしっかりと計画性をもって脱毛に臨みましょう。