脱毛に関するうわさを考える

アリシアクリニックでムダ毛の処理を行うと脱毛効果以外にも様々な効果があるのではないかというお話を聞いたことがありませんか?実はこのようなお話はインターネット上では非常に多くされています。
脱毛効果以外に関しては脱毛完了された方の感じ方の問題なので一概に否定も肯定もできませんが、その噂について検証を行うことはできますし、全く効果がないものはそれなりに説明がつくのです。
では、どのような噂が遭ってその噂は本当なのかどうかという点について考えてみたいと思います。

1.脱毛をするとニオイに影響がある?
脱毛をしたあと、ニオイが軽減したというお話をされている方がいらっしゃる一方で逆にひどくなるという話をかかれている方もいらっしゃいます。女性ならニオイの問題は非常に気になるところではないでしょうか?
この点についてもう少し詳しく分析していきたいと思います。まず、ニオイというのは何を指すのか、つまりニオイの種類について考えるところから始めます。
人間か気にするニオイというのは大きく二つあるのです。まずはいわゆるワキガです。もう一つは細菌が汗に含まれる脂を分解した時に出るニオイです。この二つについてそれぞれ説明します。

■ワキガは脱毛で軽減するのか
ワキガについては脱毛をしても軽減しないと思われます。その理由を説明するためにまず、ワキガがなぜニオイを発生してしまうのかという点について説明したいと思います。
ワキガというのはアポクリン腺という汗腺から出る物質が細菌に分解されてにおい物質となってしまうのです。アポクリン腺というのはどなたにもあるもので、ワキガというのは多かれ少なかれどなたにもあるものです。
では、そのにおいが強くなるのはなぜかというと、その最も大きな原因はアポクリン腺の数です。アポクリン腺が多ければ多いほどワキガが強い傾向になってしまいます。それ以外にも食べ物などでもかなり変わってきます。
肉やチーズなどを過剰に摂取するとニオイは強くなるといわれていますが、何よりもやはりアポクリン腺の数なのです。そのため、ワキガ治療などを行う時もその目的はアポクリン腺をいかにしてなくすのかということなのです。
例えばワキガのレーザー治療ではアポクリン腺を熱で焼切ることになりますし、外科手術でのワキガ治療は皮膚の下にある汗腺を含む部分を取り去ってしまう手術になります。
ここで脱毛との関係をもう一度考えてみましょう。確かに脱毛の施術は毛穴の中に高熱を発生させるものですが、それはあくまでに毛に熱を発生させるものです。そのため、アポクリン腺に大きな影響を与えることはないのです。
そのため、ワキガが軽減することはないといえるでしょう。

■細菌の発するニオイに脱毛は影響するのか
こちらのニオイに関しては脱毛をすることでにおいが軽減することがあります。このウィルスが分解するのは汗に含まれる皮脂などの脂です。この脂が同じトロに留まることで細菌がそこで皮脂を分解してしまうのです。
その汗がとどまる場所というのが毛の部分なのです。毛に汗が絡みついてその部分に保持されてしまうため、その部分で細菌が汗を分解し始めてしまうのです。
ところが、脱毛をすると汗がその部分に留まることが出来ないため細菌が油を分解する前に流れ落ち、ニオイが軽減するのです。

2.脱毛をするとお肌がキレイになる
脱毛をするとお肌がキレイになるという噂もあります。この噂は実は本当のことです。この効果を期待して受ける脱毛というものもあります。
それはどのようなものかというと、顔脱毛です。顔脱毛をすることでお肌をきれいにすることができるのです。その結果お化粧のノリがよくなったりもします。この効果を狙って顔脱毛をするのです。
では、なぜ脱毛をするとお肌がキレイになるのでしょうか?
まず考えなければならないのはお肌がキレイになるという条件についてです。お肌がキレイであるということはお肌の角質が整っていることが条件です。
キメが整うというのはもう少し具体的に言うならお肌の角質がきれいに整列していることです。
角質の並びが乱れる条件の一つに毛穴があります。毛穴が大きく開いていると、角質がその部分で乱れてしまうのです。そこで脱毛をすると毛穴が小さくなるため、お肌のキメが整うのです。