夏風邪の時の脱毛の施術は避けましょう

アリシアクリニックで行っている医療レーザー脱毛は非常にお肌にやさしくトラブルが少ない施術です。その理由は医療レーザー脱毛で永久脱毛の効果のある光の中でも最もお肌にフランが少ないといわれるダイオードレーザーを使用しているというところからも説明ができます。
しかも、使用している脱毛機がお肌を吸引しながら脱毛の光を照射する瞬間に同時に冷気を吹き付ける機能があり、痛みも少ないのです。
ですが、そんなお肌にやさしい脱毛をしていてもトラブルが全くないというわけではないのです。その理由は様々ですが、その原因の一つに脱毛時の体調によってトラブルが起きてしまうなんてこともあります。
お肌の状態というのは意外に体調に左右されるのです。しかも、中でも病気中の脱毛はさらにリスクの高いものになってしまいます。たとえそれがちょっとした風邪であってもリスクは格段に上がってしまうのです。
なぜ脱毛をする時に風邪をひいている時の脱毛がトラブルを引き起こすリスクになってしまうのかをまとめてみたいと思います。

1.風邪をひいていると体の抵抗力が下がる
人間の体にはウィルスなどから体を守るために白血球が存在しています。白血球というのはウィルスに対して攻撃を仕掛けてウィルスを殺していくものです。
これがいわゆる「抵抗力」というものです。ウィルスに感染しているときに血液検査を受けると白血球数が増加した状態であることがわかります。ですが、その白血球も無限に増えるというわけではなく上限があります。
しかも、増えているということはそれだけ体の中に悪性のあるウィルスが入り込んでいることをさしています。そのため、白血球数が上がっているときは抵抗力が下がっている可能性があるのです。
実は脱毛のトラブルがここに関係しているのです。脱毛後にお派の赤みや腫れといったトラブルが起きてしまうことがありますが、まさにその原因となっているのがお肌表面でのウィルス感染なのです。
つまり風邪をひいているとお肌表面で感染が起きやすくなってしまうのです。そもそも脱毛の施術というのはお肌に非常に大きな負担をかけてしまうものです。そのため脱毛後のお肌は非常にデリケートになってしまいます。
通常時であれば全く問題のない両のウィルスで合っても脱毛後のデリケートなお肌の上では感染が起きてしまう可能性があるのです。
しかも、抵抗力が下がっている状況では健康な時に脱毛をした時よりもさらに感染がしやすいといえるのです。

2.熱があるときもトラブルになりやすい
脱毛の施術というのはなぜ成り立っているのでしょうか?実は医療レーザー脱毛というのは名前からするとレーザーで脱毛をするように見えてしまうかもしれませんが、照射するレーザーにはそのような成分は入っていません。
実はそのレーザーを毛に吸収させることで高熱を発生して高熱で毛を処理しているのです。そのため脱毛をすると毛穴周辺に軽いやけどが出来てしまうのです。
アリシアクリニックの脱毛は先ほども書きましたが、光を照射するタイミングで冷却した空気を引き付けるためやけどのトラブルは非常に少ないのが特徴ですが、熱があるときにはこの効果も半減してしまいます。
いくら表面を冷やしても毛根付近では熱が通常以上に発生しているためどうしてもやけどになりやすくなってしまうのです。

3.風邪薬も注意が必要
風邪をひいてしまった時に風邪薬で対応するという方も多いのではないでしょうか?風邪薬で一時的に調子が良くなったとしても実は脱毛のリスクが減ることはありません。
というのも先ほどもお話したお肌の赤みや腫れに関してはお肌表面でのウィルス感染が原因ですが、そのウィルスを運んでしまう道の一つが汗なのです。
この汗と風邪薬に関係があります。風邪薬というのは代謝を上げる効果のあるものが多いのです。代謝を上げると当然汗もかきやすくなってしまいます。そのため、赤みや腫れのトラブルが起きやすくなってしまうのです。

4.風邪のときには無理をしない
脱毛の予約が取りづらいという話は確かによく聞きますが、風邪のときはトラブルが起きやすいのも確かです。
予約変更をして体調を整えてから改めて脱毛をするようにしましょう。