夏の脱毛に備えて考えておくべきこととは?

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛は非常にお肌にやさしい施術が出来ることでも人気です。
その脱毛は痛みが強いイメージの医療レーザー脱毛ではありますが、口コミでも痛くない、痛みが小さいと評判なのです。
痛みが小さいからと言ってお肌へのダメージが少ないかといわれるとそう言い切れるものではないのですが、それでも目安にはなります。
その脱毛方法こそがアリシアクリニックの安全性の証明なのです。ですが、その安全性は常に高いというわけでもないのです。
実は夏の時期というのは医療レーザー脱毛が非常に苦手としている季節で、この時期はアリシアクリニックだけでなく、他のサロンやクリニックで行っている脱毛も同様に夏はどうしても苦手とされている時期なのです。

その夏の脱毛がなぜリスクが高いのか、そのリスクを下げるにはどうしたらいいのかなどをまとめていきたいと思います。

1.なぜ夏が苦手なのか?
これにはいくつか理由がありますが、今回は二つの理由をピックアップします。

■日焼けが苦手
医療レーザー脱毛の仕組み上日焼けは非常にやけどのリスクを高めてしまうものなのです。
なぜかということを詳しく説明します。
まず、医療レーザー脱毛は脱毛機をお肌に充てて光を照射して脱毛していくものです。パッと見はその光の中に脱毛が出来る成分が入っているように見えなくもないですが、そういった類の話ではないのです。
実はもっと原始的な話で説明が出来てしまいます。というのも強力な光を集めると熱が発生するというのはご存知ですよね?それともう日土地黒い色には光が集まりやすいというのも知っていますよね?
これは夏に黒い色の服を着るとすぐわかることだとも思います。
実は医療レーザー脱毛もこの原理を利用して脱毛をしているのです。つまり医療レーザー脱毛というのは光により脱毛ではなく、熱による脱毛なのです。
ですが、一つだけ問題があります。医療レーザー脱毛の光は毛だけに吸収されるわけではありません。黒い色や濃い色の部分にも光が吸収されてしまうのです。
つまり日焼けをしている状態で脱毛の光を当てるとお肌表面にも高熱が発生してしまうということなのです。

■汗も苦手
脱毛をしていると汗が思わぬトラブルを引き起こしていることがあります。
なぜ汗がトラブルを引き起こしてしまうかというと先ほども書いたとおりですが、脱毛をするにはどうしても高熱が必要なのです。
つまり脱毛が出来るほどの高熱が毛に発生しているということはその周りは軽いやけどが出来てしまいます。つまり照射した範囲全体的にお肌がデリケートになってしまいます。
そんなやけどの部分に最近が付着してしまうと赤みや腫れなどのトラブルが起きてしまうのです。
実はその細菌を運んでしまう方法の一つが汗なのです。汗は毛穴の奥で分泌され、汗に含まれる油分の細菌を吸着してしまう性質で大量の細菌を中に取り込みながらお肌を流れていくのです。
流れている最中に脱毛後のデリケートになっているお肌の上を流れていくことで細菌をやけどに届けてしまうのです。

2.苦手な夏を避けるには
最も良い方法は駅から近い店舗を見つけることですが、アリシアクリニックには6つのクリニックしかありません。そのためここがダメなら他へというような選び方が出来ません。
そもそもなぜ店舗にこだわるかというと最も大事なのは脱毛直後に日光の下になるべく行かないこと、汗をかかないことなのです。
それ以外も気にしなければなりませんが、どうにかできるものではないこともあります。
そこでどうにかできる方法を探すのであれば、地下道などを使用すること、車で行くことなどです。
車で行くのが最も楽で安全かもしれませんが、すべての人が車を所有しているわけでもないですし、近くにパーキングが空いているとも限りません。
そのため、考えるべきなのは駅からの道のりです。駅からの道のりで大事なのは温度と日光を避けていられるかという点です。
地下道などがあればそちらを利用するのもよいかもしれませんね。

この記事に関連するコラム

夏風邪の時の脱毛の施術は避けましょう

アリシアクリニックで行っている医療レーザー脱毛は非常にお肌にやさしくトラブルが少ない施術です。その理由は医療レーザー脱毛で永久脱毛の効果のある光の中でも最もお肌にフランが少ないといわれるダイオードレー...続きを読む