多毛化と硬毛化のトラブルについて

アリシアクリニックではお肌にやさしい施術ができます。その秘密は使用している最新の脱毛機であるライトシェアデュエットにあります。この脱毛機はお肌にやさしい光を照射することが出来ます。
その光はダイオードレーザーという光で、この光はお肌の治療にも使われている光で安心して脱毛を受けることができます。
しかも、この光で脱毛を行うことには永久脱毛の効果も認められていますので強力な脱毛もできるのです。
ですが、医療レーザー脱毛ではいくつかのトラブルがついて回ってしまいます。最も有名なのがやけどのトラブルだと思います。やけどのトラブルはテレビなどでも取り上げられることがあるので医療レーザー脱毛のトラブルといえばやけどと考える方も多いのではないかと思います。
それ以外にも医療レーザー脱毛にまつわるトラブルというのはあります。そこで、そのようなトラブルの中でも比較的起こりやすいといわれている「硬毛化」と「多毛化」について説明していきたいと思います。

1.硬毛化・多毛化とは?
この二つはどちらも似たような種類のトラブルになります。脱毛の施術を行った後に毛が濃くなってしまうという症状のことです。
毛が太くなってしまった場合の症状を「硬毛化」といいます。照射した場所から逆に多くの毛が生えてきてしまうことを多毛化といいます。
どちらも脱毛をした後の毛が逆にしっかりとしてしまうという点では同じような症状といえます。
また、冒頭で「起きやすいトラブル」と書きましたが、どれくらいの割合で起こってしまうのかというところが気になると思います。
想像しているよりも多くの方がこのトラブルに遭ってしまうのです。具体的には7%から10%もの確率でこの症状が出てしまうそうです。

2.なぜこのような症状が出てしまうのか?
このような症状が出てしまう原因というのは実はわかっていないのです。原因はわかっていなくても起こってしまっていることは事実としてあります。
ですが、この症状は実際には気づかなかったりいつの間にか解消してしまうような類のものであるため、大きな問題にならないのです。
ただし、問題にはならないといっても実はその後の脱毛方針を左右するような話でもあるのです。

3.硬毛化や多毛化が発見されてしまったら?
このような症状が出てしまったら、まずは脱毛の施術を行ったサロンやクリニックに相談するようにしましょう。
先ほども説明しましたが、この症状が起こってしまった場合には今後の脱毛の方針を変える必要性があるかもしれないということもありますが、それ以上にあまりにもひどい場合には脱毛を中止する必要が出てくる可能性もあるのです。
というのもこの症状の原因は先ほども書きましたが、わかっていません。ですが、光との相性の悪さで起こってしまう可能性があるのです。
あまりにも相性が悪い場合には脱毛を中止せざるを得ません。

4.硬毛化や多毛化の原因の推測
実はこれらの症状の原因は完全にはわかっていませんが、推測はされています。
その原因は中途半端に脱毛効果が出てしまったためといわれています。
なぜなら脱毛機が照射する光というのは脱毛だけでなく、お肌の治療にも使われています。その光の大きさで細胞が活性化してしまうことがあるということです。
そのため脱毛機の光がお肌だけでなく、毛にも作用してしまい、逆に強い毛が生えてきてしまうことがあるのではないかといわれています。
その証拠に硬毛化や多毛化は脱毛機が苦手とする産毛の部分に起きてしまいやすいのです。

5.硬毛化や多毛化への対処は?
硬毛化や多毛化は今まで通りの脱毛をつづけるというのが一般的です。
ですが、その際に方向性が2つの方向に分かれることがあります。
一つは出力を弱めてじっくりと毛に熱を通していくことです。もう一つは出力を上げて一気に脱毛することです。
どちらの方向性になるのかはサロンやクリニックとしっかり話し合って決めましょう。

この記事に関連するコラム

夏風邪の時の脱毛の施術は避けましょう

アリシアクリニックで行っている医療レーザー脱毛は非常にお肌にやさしくトラブルが少ない施術です。その理由は医療レーザー脱毛で永久脱毛の効果のある光の中でも最もお肌にフランが少ないといわれるダイオードレー...続きを読む

脱毛後の運動について元看護師に聞いてみた

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛はお肌にやさしい脱毛が可能です。その「やさしさ」は当然安全にもつながるとても大事なことです。 お肌が弱い人は特にこのお話は気になるところだと思います。 まず、アリシ...続きを読む