脱毛直後に色素沈着が起こってしまうのは?

アリシアクリニックで行っている医療レーザー脱毛はライトシェアデュエット脱毛機を使用して行っています。
この脱毛機はお肌にやさしい光であるダイオードレーザーを照射することのできる脱毛機で、安全性が非常に高いのです。
ですが、そのライトシェアデュエットで脱毛をしたとしても脱毛直後のお肌はどうしてもデリケートになってしまいます。その結果実は脱毛からしばらくは色素沈着が起こりやすい状態になってしまうことがあるのです。
なぜそのようなことが起こってしまうのかを元看護師の方に聞いてきました。

1.色素沈着とは?
色素沈着と一口に言っても様々な症状として表現されます。例えばシミや黒ずみなどがそれに当たります。
それ以外にも日焼けなどもその一環です。
色素沈着というのは黒色メラニンが異常に分泌されてしまい、その色が定着してしまうことをさすものなのです。
黒色メラニンがなぜ以上に分泌されてしまうのかという部分を紫外線による刺激を例にとって説明していきます。

まず、紫外線というのはお肌の奥の真皮まで入り込んでしまうことで体に大きなダメージを与えてしまうものなのです。
そのダメージは細胞の中のDNAを破壊してしまったり、変質させてしまったりするのです。その結果が皮膚ガンです。
そのため体はダメージを感知すると光を吸収しやすい色の物質である黒色メラニンを毛髪の毛母などにあるメラノサイトで生成して分泌するのです。
その結果以上を感知した部分だけ異常な量の黒色メラニンが出てしまうのです。
さらにお肌に大きなダメージを受け続けているお肌の代謝がわるくなり、色素が代謝されずに蓄積してしまいます。それがシミや黒ずみなどになってしまうのです。
これが色素沈着のメカニズムです。

2.色素沈着が起こりやすくなるのはなぜ?
これは大きく二つの側面から説明をしていきたいと思います。
まず一つはメラニンが分泌する仕組みを考えるとわかりますが、先ほどもお話しした通りメラニンを生成する細胞であるメラノサイトというのは毛髪の毛母などに存在します。
脱毛の仕組みはまさにこの部分に熱を発生させてダメージを与える施術であるのです。つまり刺激の大きさによっては活性化してしまい、活性化してしまい、メラニンを活発に分泌しやすい状態にしてしまうことがあるのです。
もう一つの側面はお肌の状態です。脱毛の施術を行うとお肌に含まれる黒色メラニンにも反応してしまい、多少の熱が発生します。これがダメージとなってしまうためお肌がデリケートになります。
その状態では軽い刺激を受けだけでも危険信号を体が察知して黒色メラニンを分泌してしまう可能性があるのです。

また、補助的なお話ではありますが、ライトシェアデュエットが照射するダイオードレーザーというのは実はシミなどの治療にも使われることのある光なのです。
そのため、お肌の黒ずみなどが改善することがあります。ですが、お肌が傷ついてしまった状態で色素沈着が改善してしまうと、刺激を受けやすい状態になってしまいさらに黒色メラニンの分泌を加速してしまいかねないのです。

3.色素沈着を起こさないためには?
脱毛後に色素沈着を起こさないためにはまずしっかりと紫外線対策を行うことが大事です。また、お肌の摩擦が増えることも好ましくないのでベビーパウダーなどで対策するのもよいかと思います。
脱毛直後は脂をお肌に近づけることはウィルス感染のリスクを高めてしまいます。そのため脱毛直後は紫外線対策のための日焼け止めクリームなどは脂の入っていないものを使いましょう。
2日から3日程度経過すればそのようなことは気にせず日焼止めを使っても問題ありません。

4.色素沈着してしまうと?
脱毛を最悪中止しなければならなくなってしまいます。そのため脱毛が終わったら1か月程度はしっかりと日焼け対策を行いましょう。

この記事に関連するコラム

医療レーザー脱毛の施術について

 産毛のようなものが全身にあるのがコンプレックスだったので、何とか自分で処理していたのですが、それも限界なのでプロにお願いすることにしました。アリシアクリニックのホームページを見て惹かれたので、実際に...続きを読む

口コミで評判の医療レーザー脱毛

 アリシアクリニックのレーザー脱毛は、痛みがほとんどないので安心して受けれます。また、口コミでも効果が高いと評判で、少ない回数で脱毛が完了します。料金はエステに比べると少し高額ではありますが、アリシア...続きを読む

脱毛をはじめるなら全身脱毛

アリシアクリニックは他のクリニックに比べても非常に料金が安い医療レーザー脱毛を提供しています。 医療レーザー脱毛は高いというイメージを持った方が多い中でこれだけ安い料金を実現しているというのはとてもす...続きを読む