脱毛が出来ないパーツについて聞いてきました。

アリシアクリニックでは安全性の高い脱毛が行えます。その秘密は医療レーザー脱毛機にあります。アリシアクリニックで使用している医療レーザー脱毛機というのはライトシェアデュエットという最新の医療レーザー脱毛機になります。
この脱毛機がなぜお肌にやさしいかというとそれは照射できる光の種類に秘密があります。日本国内で使用されている医療レーザー脱毛機のシェアで最も多いといわれる脱毛機はロングパルスダイオードレーザーという光を照射することのできる脱毛機ですが、これは日本人のお肌に合っているとい割れていますが、刺激自体は強めなのです。
そのため痛みが強く、口コミなどで医療レーザー脱毛が痛いと書かれているのはそのせいだったりもします。ですが、アリシアクリニックで使用しているライトシェアデュエットはダイオードレーザーという光を使用する脱毛機です。
ダイオードレーザーはお肌のシミやくすみなどを治療するスキンケアのレーザー治療にも使われている光でお肌にやさしい性質があります。そのため安全性が非常に高いのです。
その安全性の高いといわれるライトシェアデュエットでも脱毛をすることができない場合があるのです。このことについて元エステティシャンの方にお話を伺ってきました。

1.脱毛出来ない場所に何か特徴はありますか?
大きい特徴として二つ上げることができます。まず、お肌が黒いまたは照射部分に色の濃い部分があった場合です。この場合にはその部分を避けて脱毛をすることになる場合があります。
もう一つはお肌が極端にデリケートな部分です。脱毛の施術はお肌にダメージを与えてしまう施術である為このような部分も脱毛ができません。

2.脱毛出来ないといわれるパーツを無理矢理脱毛したらどうなりますか?
酷いやけどを負ってしまうことがあります。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など光を使った脱毛方法のトラブルで必ずと言っていいほど耳に入ってくるやけどのトラブルですが、なぜ火傷のトラブルが起きてしまうのかという点についてもお話しします。
まず、前提として光を使った脱毛は光に脱毛効果があるわけではないのです。光を黒い色の部分に吸収させて高熱を発生させて毛根などを熱処理する方式なのです。最近では一部この原理とは違う場合もあるようですが、ほとんどの脱毛機はこの原理で脱毛をしています。
そのため高温が必ず発生してしまうためやけどのトラブルが起きやすい施術であるといえるのです。

3.お肌の色で脱毛出来ない可能性のあるパーツとは?
まずほとんどのサロンやクリニックで脱毛出来ない部分として乳輪があります。乳輪というのは個人差はありますが、普通のお肌よりも色が濃いためその部分に脱毛の施術ができません。
実はこれは各サロンやクリニックの料金表を見ると書いてあることなのです。胸の脱毛の部分で「乳輪周り」というメニューがあったりします。逆に言えば、これは乳輪の部分はできませんということなのです。
また、その他にも顔にひどいしみが出来てしまっている場合や摩擦でくろんずんでしまうことのある両ワキやVラインなども黒ずみがひどい場合には施術を避けざるを得ない場合もあります。
シミや黒ずみの色は黒色メラニンが原因になっていることが多いため脱毛機の光を吸収してしまうのです。

4.お肌が極端にデリケートな部分とは?
最もわかりやすい部分は「粘膜」の部分です。粘膜を含むパーツを具体的にあげるならIライン脱毛、Oライン脱毛の際にかかわってきます。
Iライン脱毛やOライン脱毛でこのことは非常に大事で、粘膜のギリギリまでしか脱毛が出来ないのです。このことを知らないと照射漏れかどうかという点でサロンやクリニックともめてしまうことだってあり得ます。
粘膜の部分のお肌というのは体の表面のお肌というよりは内臓の表面に近い性質で外部からの刺激に非常に弱いのです。