准看護師が脱毛の施術をするのは違法?

2015年5月10日に名古屋で医療レーザー脱毛を行っているクリニックで無資格で脱毛の施術をしていたということで医師法違反の容疑で逮捕者が出ました。
クリニックで医師法違反というのもちょっとおかしいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実はこの事件というのは看護師の資格の問題なのです。実は看護師の中には准看護師と看護師という二つの資格があるのです。
この二つの資格には従事できる業務に大きな違いがあるそうなのです。
この点について看護師の方に聞いてきました。

また、アリシアクリニックでは現在このような問題は起こっていませんので安心してください。

1.なぜ逮捕者が出たの?
これは看護師の資格の問題です。一口に看護師と言っても実は2つの資格があるのです。
まずは看護師。それ以外に准看護師という資格があります。今回逮捕されてしまったのはこの准看護師の方なのです。
なぜ准看護師が脱毛の施術をしてしまうと逮捕されてし舞うのかというとそれは准看護師というのは医療行為を行えない看護師であるためです。
その准看護師が今回のケースでは、脱毛の施術や痛みを止めるための麻酔などの施術を行ってしまったために医師法違反の容疑がかかってしまったのです。

麻酔にも色々あると思いますが、中でも塗る麻酔などは誰でも出来てしまうように見えますが塗る麻酔も医療行為ですので、表面麻酔を行うことも医師法に違反してしまうのです。

2.看護師と准看護師にはどのような違いがあるの?
まず最も大きな違いを上げるとそれは認定を行う役所が違うということです。
まず看護師に関してはみなさんご想像通りだと思いおますが、厚生労働省が行っている国家試験を通ら方のみが認可される国家資格です。
それに対し准看護師というのは地方自治体が認可をすることができるという資格なのです。そのため医療行為は厚生労働省が認可した看護師でないと行うことがでいないのです。

実際にどのような業務に従事できるのかというところを説明したいのですが、こちらは日本看護協会のページからそのまま引用させていただきたいと思います。
まず看護師は「傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする」(※じょく婦:出産後間もなく、まだ産褥にある女性。産婦。)
次に准看護師は「医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定すること(傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話又は診療の補助)を行うことを業とする」という定義になっています。

つまり、准看護師は医師や看護師の指示でしか動けないのです。
一般の病院やクリニックでは准看護師は非常に重要な役回りではあるのですが、脱毛を行う現場となると医療行為が行えないためにカウンセリングや機材の準備などしか出来ないのです。

次に、資格を取得するためにどのような条件があるのかというのをお話ししたいと思います。
看護師は高校卒業の資格が必要ですが、准看護師は中学卒業の資格があれば資格取得のための学校に入ることができます。
この点で見れば准看護師というのは看護師よりも早い時期に現場に出ることができるというようにも見られます。

3.脱毛の施術ができるのはどの職業の人ですか?
医療レーザー脱毛の施術を行うことができるのは医師または看護師(准看護師は除く)です。
脱毛サロンやエステサロンで脱毛を行っている方はなぜ施術を行うことができるのかというと、サロンの脱毛はフラッシュ脱毛であるため特別な免許がいらないのです。
ですが、その反面、照射する光の出力が弱く、医療レーザー脱毛よりも効果が薄いというデメリットもあるのです。
医療レーザー脱毛は医師または看護師しか施術をすることができませんが、効果が非常に高く、永久脱毛の効果が期待できるのです。

この記事に関連するコラム

医療レーザー脱毛の施術について

 産毛のようなものが全身にあるのがコンプレックスだったので、何とか自分で処理していたのですが、それも限界なのでプロにお願いすることにしました。アリシアクリニックのホームページを見て惹かれたので、実際に...続きを読む

口コミで評判の医療レーザー脱毛

 アリシアクリニックのレーザー脱毛は、痛みがほとんどないので安心して受けれます。また、口コミでも効果が高いと評判で、少ない回数で脱毛が完了します。料金はエステに比べると少し高額ではありますが、アリシア...続きを読む

脱毛をはじめるなら全身脱毛

アリシアクリニックは他のクリニックに比べても非常に料金が安い医療レーザー脱毛を提供しています。 医療レーザー脱毛は高いというイメージを持った方が多い中でこれだけ安い料金を実現しているというのはとてもす...続きを読む