刺青やタトゥーの周りは脱毛が出来ない?

アリシアクリニックの医療レーザー脱毛はお肌にやさしい脱毛のできる「ライトシェアデュエット」という最新の脱毛マシンを使用しています。そのためお肌の弱い方でも脱毛が出来るクリニックです。
クリニックでの脱毛というのはサロンの脱毛に比べて光の強さが強く、どうしても痛みなども強いイメージがありますが、アリシアクリニックの使用する脱毛マシンは口コミでも「ほぼ無痛」と表現する方がいるほどです。
痛みが少ないということは当然お肌にもやさしい安全な脱毛ということができます。そのためデリケートな顔やVIOなどもおすすめのパーツです。
ですが、それだけ安全な脱毛機でも脱毛を出来ないことがあるのです。そのようなシチュエーションの一つに「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」のパーツに脱毛が出来ないというものがあります。
最近は気軽に街中でもタトゥーの広告があったりしておしゃれとして入れている方もいらっしゃるのではないかと思います。
脱毛を使用とした方のお話を聞いてもカウンセリングの段階でタトゥーのあるところは脱毛出来ないといわれて驚いたという話も聞きます。

では、なぜ「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」のあるパーツには脱毛の施術が出来ないのでしょうか?
この点について元美容皮膚科勤務の看護師の方にお話を伺うことが出来ました。

1.なぜ「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」のパーツに脱毛が出来ないのか
これは一言で行ってしまえばやけどになるリスクがあるからです。脱毛といえば必ず出てくるやけどのトラブルですが、この「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」の場合にもやはりこの問題は付きまといます。
なぜかというとこれはホクロなどと同じで黒い色の部分に熱が発生してしまうためやけどになってしまうということなのです。
この黒い色に熱が発生するという話もよく聞く話ですが、サロンなどのWEBページでは「メラニンだけにしか反応しない特殊な光」を使用しているという話をしているサロンもあります。
もしこれが本当なら刺青にはメラニンは含まれていませんので、安全なはずですよね?

実はこれは少し言い方がよくないのです。というのもお肌の表面にある黒い色は刺青などがない場合にはすべてメラニンから出ているものといえます。
その他の黒以外の色というのは脱毛マシンが反応しません。そのため反応するのはメラニンだけということになるのです。

ですが、詳しい話をするなら「黒い色に反応する」ということになります。この黒い色の素というのは選ばないとしなければやけどは起こりえません。
メラニンに依存しない黒い色というのも脱毛が出来ない要因になるということはしっかりと覚えておくようにしましょう。

2.「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」に脱毛機の光を照射すると「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」が薄くなる?
この現象もよくネットで話されているものですよね。実はこのことも実際あり得る話です。
この現象が起こる可能性があると言い切れる2つの理由をお話ししたいと思います。

まず、一つは「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」を入れる際に使うインクや墨の成分によるものです。「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」を入れるのに使うインクや墨というのは明確な規定がなく、どんなものでも使ってしまうことができるのです。
その成分は自然のものであってもなくても使っています。ヘナタトゥーなどは髪の色を染めるのに使うヘナという植物を使って行うものですので、これは天然成分で無害といわれていますが、きれいな色を出すために鉱物を使ったり、ひどい職人さんですとインクジェットプリンターのインクを使ってしまっているというケースもあったそうです。
このように何を使ったか不明な色ですと、成分によっては高熱で変質してしまって色が変わってしまうものなどがあってもおかしくはありません。

もう一つの可能性はやけどになってしまったと仮定した時です。
やけどが直る途中でカサブタができます。そのカサブタが色の素を包み込んで体外に排出してしまう可能性です。
この場合にも当然「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」は薄くなっていまいます。
この二つの可能性から「刺青(入れ墨)」や「タトゥー」が薄くなる現象が起こる可能性はあるといえるのです。