お肌の黒ずみの対処方法

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛といった光を使用した脱毛方式には大きな弱点があります。
それはお肌の色に左右されてしまうということです。
左右といっても多少のことであればあまり取り立てて話すようなことではないのですが、光を用いた脱毛ではこのお肌の色が非常に重要な要素になっており、あまりにも黒い場合には脱毛が出来ないということもあるのです。

そんな方は脱毛が出来ないのかというとそのままでは脱毛が出来ないことがほとんどです。
なぜ脱毛が出来ないのかというとそれは様々なところでかかれていることではありますが、改めて説明させていただきますと、「やけどのトラブル」の可能性が強いためであるといえます。

なぜやけどが起きてしまうとのかというと、それは脱毛方式が原因となっています。
フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は強力な光を当てることで熱を発せさせる施術であるためですが、その熱を発生させる場所というのが大きな問題になる部分なのです。

なぜならばフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は「毛だけに熱を発生させることができません」。

というのも熱を発生させるためには脱毛機の光が熱を発生させたい場所に吸収させる必要があるのですが、それは「毛だけを限定することはできず」、色の濃い部分にはすべて光が吸収されてしまうのです。
もう少し専門的な視点から説明すると、脱毛機の光を吸収するのは黒色メラニンです。黒色メラニンは体中のいずれにも存在してしまいます。
これは日焼けの色もそうですし、脱毛時には目を保護して脱毛をするのですが、それも黒目の黒色メラニンが反応してしまう可能性があるためであるといえます。
また、これは単純に「お肌の黒ずみ」にも同じことが言えます。お肌の黒ずみというのはお肌を守るために分泌された黒色メラニンが原因です。そのため、日焼けなどと同じくあまりにも黒ずみがはげしいばあいには脱毛をすることが難しい場合があります。

特に黒ずみに悩まれている方の多いVIO脱毛の時などはこの話が非常に大事です。
黒ずみはむだ毛とは別に悩まれている方もいらっしゃると思います。黒ずみのケアは脱毛をする上でも非常に重要なことなのです。

今回はこの黒ずみの対策を調べてみましたので、様々な対策をご紹介させていただきます。

1.下着の見直し
黒ずみの原因の一つに強い摩擦や刺激があります。今使用されている下着はサイズが合っていないことはありませんか?
サイズが小さいときは締め付けによる刺激で黒ずみが出てしあうことがあります。また、大きすぎる場合には下着とお肌の摩擦による刺激が懸念されます。

サイズの合った下着に入れ替えることでこれらの問題を軽減することができる可能性があります。

特にVラインの際が気になる方は締め付け部分の位置が変わるボクサータイプの下着に変えてみるというのもよいかもしれません。

2.美白クリームなど
お顔などに使用する美白クリームなどの使用もおすすめです。
ただし、お顔などのようにすぐに効果が出るとは限りません。デリケートゾーンというのは女性の体にとって非常に大事なパーツです。そのため、お肌を守るための黒色メラニンが分泌されやすいという特徴を持つ部分です。
気長にじっくりと対策していくことで効果がだんだんとあらわれてくると思います。

ただし、お肌に合わない場合にはすぐに使用を中止することをおすすめします。
また、Iラインの粘膜などは刺激にも弱いためあまりお勧めできません。

3.クリニックで治療
お肌の黒ずみはクリニックでも治療できます。クリニックなら黒色メラニンの分泌を抑える施術や薬の処方などが可能ですので確実です。ただし、料金は高めにかかってしまいます。


以上です。
ここで紹介した以外にも美白の方法はたくさんあります。もし、黒ずみに悩んでいる場合にはまずカウンセリングでも確認してみることをおすすめします。

この記事に関連するコラム

脱毛が出来ないパーツについて聞いてきました。

アリシアクリニックでは安全性の高い脱毛が行えます。その秘密は医療レーザー脱毛機にあります。アリシアクリニックで使用している医療レーザー脱毛機というのはライトシェアデュエットという最新の医療レーザー脱毛...続きを読む