提携クリニックのご紹介

アリシアクリニックが最近元々あった池袋院、新宿西口院、銀座院に加え、原宿と横浜に提携クリニックを展開するようになりました。この二つのクリニックはアリシアクリニックではありませんが、アリシアクリニックと同じレベルの脱毛の施術が受けられます。
今回はこの二つのクリニックについてその立地や近くの様子などを少しご紹介したいと思います。

1.原宿坂戸医院
坂戸医院は非常にわかりやすいところにあります。
最寄りの駅は東京メトロ明治神宮前駅で明治神宮前駅の5番出口から徒歩一分です。

坂戸医院自体の場所ですが、目印は「ラフォーレ原宿」の隣のビルの5階になります。
明治神宮前駅の5番出口から歩くとラフォーレ原宿を通り過ぎた隣のビルになります。

その他にもJR原宿駅から歩いてもあまり時間がかからないのでどちらから通ってもいいかと思います。

乗り入れている電車に関しては
神宮前駅は千代田線と副都心線が乗り入れています。JR原宿駅は山手線が乗り入れています。
ターミナル駅ではないので新宿や池袋に比べると若干不便さを感じてしまうかもしれませんが、新宿からもすぐですし、渋谷からも非常に近いので気にならないでしょう。

2.横浜宮内医院
こちらもとても行きやすい場所です。横浜駅西口からすぐのところにあるエキニアというビルの8階になります。
エキニアは横浜駅西口を出て右手側にある横浜銀行横浜駅前支店の前にあるビルになります。
横浜駅といえば非常に多くの電車が乗り入れているためどなたでも通いやすい駅といえますね。
都内からでもJR線だけでなく京急線や東急東横線などの私鉄も乗り入れています。

こちらの横浜宮内医院の入っているエキニア横浜というビルはどのような施設かというと多くの飲食店や書店なども入った大型の商業ビルです。
脱毛の前後にちょっとした食事もできます。特に全身脱毛などは長時間の施術が想定されますので、脱毛後にちょっとゆっくりしていくのもいいでしょう。
エキニアの中にはお酒が飲めるところもありますが、脱毛前後のお酒は非常に危険ですので、絶対に飲まないようにしましょう。

ところでこの二つのクリニックも含め医療レーザー脱毛や脱毛サロンなどは駅から近いという点をスポットしているサロンやクリニックが多いですよね?
なぜそこまでピックアップしてアピールポイントとしているかご存知でしょうか?

これは脱毛の施術というのがお肌に大きなダメージを与えてしまう施術であったり、施術前もお肌の状態が健康でないと安全に脱毛が出来ないという点があるからです。

もっと具体的にいうなら一番大きなポイントは「日差しを浴びずに通える」という点です。
光を使った脱毛の施術というのは日焼けしたお肌に脱毛の施術が行えないものなのです。なぜ、日焼けをしていると脱毛の施術が行えないのかというと、それはお肌の色が黒いとやけどのトラブルが起こりやすいためなのです。

光を使った施術は強力な光を照射して、毛に対して高熱を発生させて毛根などにダメージを与えていくものです。
その熱というのが問題なのです。熱がどのように発生するかというと、それは照射した光が「濃い色のパーツ」に吸収されて高熱が発生する仕組みです。もっと具体的にいうならば黒色メラニンが光を吸収します。

この黒色メラニンがポイントです。日焼けのお肌の色というのも実は黒色メラニンによるものなのです。つまり、日焼けしたお肌に対して脱毛機の光を当ててしまうとお肌表面にも熱が発生してしまうため、やけどがおこりやすくなってしまうということなのです。

アリシアクリニックが提携していいる原宿坂戸医院、横浜宮内医院ともに駅から非常に近く、安全な脱毛を受けやすいクリニックといえます。
原宿坂戸クリニックに関してはJR原宿駅からくると少し距離を歩かなければなりません。夏場の脱毛に関しては多少面倒でも神宮前駅を使用して通うと安全に脱毛が出来るかもしれませんね。