風邪をひいたときに脱毛をしてよいのか調べてみた

アリシアクリニックの脱毛はお肌にも非常にやさしいものであることは確かですが、風邪をひいているときには脱毛は避けるべきなのです。
一見風邪と脱毛には何ら関係性が見えないかもしれませんが、実は風邪をひいている間の脱毛はやけどや腫れ、赤みなどのトラブルを起こしやすく非常に危険な状態であるといえるのです。
これからその理由を詳しく解説していきます。

1.熱が出てしまっている場合の危険性
熱が出ているとき問うのはお肌表面の温度も当然上がっています。このことが実は脱毛には非常にマイナスです。
なぜならば医療レーザー脱毛の施術というのは熱による施術であるためです。

もう少し詳しく書くと、医療レーザー脱毛機から照射された光というのは照射した範囲にある黒などの濃い色の部分に吸収されて高熱を発生します。
その熱が毛根とそれを作り出す毛母細胞にダメージを与えて脱毛が成立するというものです。

そのため脱毛する際にはそれだけの熱が発生してしまうということなのです。
その熱からお肌を守るために脱毛中はお肌を冷却しながら脱毛をしていきます。

ですが、熱があるとその冷却効果が薄れてしまうのです。そのためやけどが起こりやすくなるといリスクが発生してしまうのです。

2.細菌感染の危険性
風邪をひいているときというのは体の細菌に対する抵抗力が落ちています。それは体の中だけにとどまりません。
お肌の上でも同じことが言えます。
先ほども書いたように脱毛の施術というのは熱が発生するものです。そのためお肌を冷やす必要があるのですが、それでもダメージが残ってしまいます。
それは熱が発生しなければ脱毛が出来ないということからも明らかです。瞬間的であってもお肌や毛穴の中には確実にダメージが残ってしまうのです。
そのデリケートになったお肌は最近が感染しやすい状態になっています。
健康な時であれば多少の細菌などは全く問題にもならないのですが、風邪をひいて抵抗力が落ちているときにはそうはいきません。
多少の細菌でも感染してしまうことがあるのです。
つまり、脱毛後にお肌の赤みや腫れなどが起こりやすくなってしまうということです。

3.薬を服用しているときの危険性
風邪の時に飲む薬というのは総合感冒薬であったり頭痛薬であったり鼻水や鼻づまりを取る薬であったりします。
そのようなときに飲む薬には多くの場合発汗作用があったりします。
それは熱を下げるためであったり、細菌を早く外に排出するためであったりしますが、その発汗作用がまず1つ大きな問題になります。

ここで知っておかねばならないのは汗についてです。
汗は多くの油分を含んでいます。この油分に問題があります。油分というのは最近を吸着しやすい性質を持っているのです。
ちなみに汗腺から出たばかりの汗には最近は多く含まれていないのです。

汗がお肌の表面を流れていくときに細菌を吸着して、脱毛後のデリケートなお肌の上を通過したとしたらどうでしょう?
非常に危険ですよね?しかも、先ほども書いた通り風邪をひいていると体の抵抗力も下がっています。
そのため、通常よりも危険性がはるかにましてしまうのです。

また、汗をかくということは体の血行を上げていくことでもあります。
血行が上がると神経が鋭くなり、痛みを感じやすくなってしまうだけでなく、その間は実はお肌表面の温度も上がりやすくなっているのです。
しかも、血行が良くなるということは体が冷たくなりづらい状態であるということですので、冷却をしてもその効果が出づらいとも言えます。

そのため薬を飲んだ状態での脱毛は非常に危険なのです。
これは、風邪の時だけでなく薬を飲んでいる状態という単体で考えても危険であるといえます。

これらのことから体調がすぐれないときには無理をせず一度脱毛をキャンセルすることをおすすめいたします。

この記事に関連するコラム

お腹脱毛の回数と痛みの体験レポート

 むだ毛がない状態になると、どんなファッションも楽しく着こなせますよね!プールに行っても海に行っても、むだ毛の事が気になって・・・というのでは楽しむこともできません。今年の夏は、自分に自信をもって様々...続きを読む

産毛脱毛は医療レーザーでも効果ない!?

 脱毛方法には光を用いたものと医療レーザーを用いたものがあります。もしも短期間で施術を完了したいのであれば、医療レーザーの方がお勧めです。施術の効果が得られにくいとされる産毛のような柔らかい毛の処理に...続きを読む

医療レーザー脱毛の施術について

 産毛のようなものが全身にあるのがコンプレックスだったので、何とか自分で処理していたのですが、それも限界なのでプロにお願いすることにしました。アリシアクリニックのホームページを見て惹かれたので、実際に...続きを読む